腰痛でお悩みの方へ

なかなか良くならない腰のつらさ・・・。

“ホントウの原因”から根本的に解決しませんか?

こんなお悩みはありませんか? 

一つでも当てはまることがある方はぜひご相談ください。

  • マッサージや整体・電気治療でなかなか改善しない。
  • 朝起きると腰が痛い。座っているのがキツイ。
  • レントゲンで異常がみられなくシップと痛み止めの薬・コルセットで過ごしている。
  • ぎっくり腰になってしまった。
  • 仕事やスポーツに支障が出る。
  • 長年の腰痛に悩んでいる。

あなたは、あなたの腰痛の『本当の原因』をご存知ですか?

あなたを悩ませる腰痛の原因とは?

◎腰痛の80%が原因不明?

腰痛は2、3人に一人が感じたことがあるといわれている国民的な習慣疾患です。その中でレントゲンやMRIなどで原因を明確に特定できるのは実に全体の1割~2割というデータがあります。

約80%の腰痛は特定の原因ではなく、いくつかの様々な要因が重なって起きています。

片寄った使い方による筋肉の『過緊張』

毎日の同じ姿勢やよる仕事や家事・特定のスポーツでの繰り返しの動作は一定の筋肉に強く負担をかけます。

負担がかかり続けてる筋肉は段々、伸び縮みができなくなり『過緊張』といわれる強いコリや張りになります。

この緊張した筋肉が循環不良を起こし痛みやシビレの大きな原因の一つになります。

姿勢不良による骨盤・背骨のゆがみ

普段から足を組んで座る、片足に体重をかけて立つ、背中が丸い。

これらは全て『ゆがみ』の原因になってきます。

実は骨盤をはじめとした骨格が大きく歪むと固い筋肉をマッサージしてもすぐにコリがでるためすぐに痛みが再発してしまいます。

骨格を正しくすることは腰痛解消の最大のポイントといえます。

『腰』以外の原因

レントゲンやMRIで腰に異常がない。腰にシップやマッサージをおこなったが効果がみられない・・・。

実は、多くの腰痛は腰自体の問題だけではなく『足』や『肩甲骨』や『首』など患部以外の歪みや固さが原因となることも少なくありません。

例えば立ち仕事の方は足の負担、デスクワークの方は背中やお腹の緊張が原因になりやすいなど環境や姿勢など原因は様々です。

『姿勢筋』の崩れ

腰痛持ちの方には共通点があります。姿勢を保持したり歩行する腰の奥の大きな筋肉が固くなっていたり左右のバランスが崩れている場合が多いです。

『体幹』といわれるカラダの中心を安定させることは腰痛解消に大きく影響するでしょう。

あなたのツライ腰痛は『原因』を特定することで解決できるでしょう。

本当に腰が良くなるのかどうか半信半疑でしたが・・・

あなたの腰は、いつ痛いですか?

前に倒した時ですか?座っている時ですか?寝てる時ですか?

腰痛といっても状態は人それぞれです。骨盤の歪みが原因なのか。筋肉の張りなのか、足なのか。

原因を特定することが解決への最短距離になります。

  • 骨盤背骨などカラダの土台となる骨格の歪みから調整
  • 『原因』の特定と調整
  • 姿勢筋をゆるめて“体幹”を安定
  • 再発やクセを取り除くための姿勢指導とセルフケア

想像してみてください。

腰痛のストレスから解放された、あなたは仕事や家事・スポーツ、旅行と快適に生活を楽しむことができるはずです。

慢性腰痛やギックリ腰・重度の腰の痛みも、ぜひ一度ご相談ください。

対象症状:慢性腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・分離すべり症・座骨神経痛・脊柱管狭窄症・産後の腰痛・スポーツ腰痛など

歩くだけで腰がつらい。シビレる。

脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

『脊柱管狭窄症』とはそもそも何か?

背骨の中に存在する神経の通り道が『脊柱管』といわれ神経が通るトンネルのようなものです。そのトンネルが仕事や日常の負担の積み重ねや猫背などの姿勢不良、それに加え加齢による退行変性により狭くなり圧迫をうけるという状態です。

特に腰椎ヘルニア、腰椎すべり症といわれる状態に続いて起こるケースが多く見受けられます。

主な症状は?

脊柱管狭窄症の代表的な症状は、

  • 歩行時や立っているときにお尻から足に痛みやしびれを感じる
  • 長く歩けない。長く歩くと症状がひどくなる。しばらく休むとまた歩けるようになる(間欠跛行)

上記の症状であれば、まだ整体などの手技療法で改善できる可能性がございます。

あきらかに手術が必要な場合。

  • 排尿障害や排便障害などの重篤な神経障害が起きているケース

この場合は、整体では改善は難しいので病院での対応となります。

狭窄症に対しての整体とは?

◎一般的な治療法

狭窄症が進んだものに関しては手術で対応する場合が多い様です。手術以外の方法として痛みを軽減させるブロック注射や血管を広げて循環を良くする薬、電気治療やマッサージなどの保存療法が一般的です。

◎当院でおこなう施術

片寄った使い方による筋肉の『過緊張』

毎日の同じ姿勢やよる仕事や家事・特定のスポーツでの繰り返しの動作は一定の筋肉に強く負担をかけます。

負担がかかり続けてる筋肉は段々、伸び縮みができなくなり『過緊張』といわれる強いコリや張りになります。

この緊張した筋肉が循環不良を起こし痛みやシビレの大きな原因の一つになります。

姿勢不良による骨盤・背骨のゆがみ

普段から足を組んで座る、片足に体重をかけて立つ、背中が丸い。

これらは全て『ゆがみ』の原因になってきます。

実は骨盤をはじめとした骨格が大きく歪むと固い筋肉をマッサージしてもすぐにコリがでるためすぐに痛みが再発してしまいます。

骨格を正しくすることは腰痛解消の最大のポイントといえます。

『腰』以外の原因

レントゲンやMRIで腰に異常がない。腰にシップやマッサージをおこなったが効果がみられない・・・。

実は、多くの腰痛は腰自体の問題だけではなく『足』や『肩甲骨』や『首』など患部以外の歪みや固さが原因となることも少なくありません。

例えば立ち仕事の方は足の負担、デスクワークの方は背中やお腹の緊張が原因になりやすいなど環境や姿勢など原因は様々です。

『姿勢筋』の崩れ

腰痛持ちの方には共通点があります。姿勢を保持したり歩行する腰の奥の大きな筋肉が固くなっていたり左右のバランスが崩れている場合が多いです。

『体幹』といわれるカラダの中心を安定させることは腰痛解消に大きく影響するでしょう。

あなたのツライ腰痛は『原因』を特定することで解決できるでしょう。

本当に腰が良くなるのかどうか半信半疑でしたが・・・

あなたの腰は、いつ痛いですか?

前に倒した時ですか?座っている時ですか?寝てる時ですか?

腰痛といっても状態は人それぞれです。骨盤の歪みが原因なのか。筋肉の張りなのか、足なのか。

原因を特定することが解決への最短距離になります。

  • 骨盤背骨などカラダの土台となる骨格の歪みから調整
  • 『原因』の特定と調整
  • 姿勢筋をゆるめて“体幹”を安定
  • 再発やクセを取り除くための姿勢指導とセルフケア

想像してみてください。

腰痛のストレスから解放された、あなたは仕事や家事・スポーツ、旅行と快適に生活を楽しむことができるはずです。

慢性腰痛やギックリ腰・重度の腰の痛みも、ぜひ一度ご相談ください。

対象症状:慢性腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・分離すべり症・座骨神経痛・脊柱管狭窄症・産後の腰痛・スポーツ腰痛など